2016年5月5日

ケータは大物がいっぱい

島で採れた野菜や果物には、『島』が冠されて商品名やメニューに使われている。島トマト、島レモンといった具合に。
何故か、水揚げされた魚にも。

島メカジキ天むす
本日の朝ごはん



小笠原 父島 2日目  天候:曇 気温:26℃
聟島列島
ポイント
時間
水温
透明度
1
マグロ穴
: / :
21℃
2
人差し
: / :
21℃
3
東の湾
: / :
21℃

Diving Service BONIN WAVE



朝7時半に出港し、ケータに向かいます。
ケータは、小笠原諸島の最も北にある聟島列島(むこじまれっとう)で、父島から船で90分以上かかるそうです。
外洋は、波が若干高い。そのため、ボートは上下、左右に大きく揺られ、久しぶりに船酔いとなってしまいます。こんな状態で、夕方まで帰港できないなんて。

ケータ。まさかこんな所だとは。船で近付ける時期が限られるのも納得です。

みんなガチ(ダイバー)ですね♪




1本目のマグロ穴を潜っている最中に、ポイント近くをザトウクジラの母子が通過したようです。
Exit後に船長さんが教えてくれました。
「あ~、遭遇したかったなぁ」と思っていると、

いきなりザトウクジラの母子が浮上してきました。
船から20m、潮吹きの音が聞こえる距離です。

ケータすごいよ、ケータ。

慌てて一眼レフを用意し撮影するも、設定ミスで露出アンダーとなっています。

ザトウクジラの母子

潜行


2本終了後の休憩時に、今度はイルカが!
30~50頭ほどの群れから10頭ほどが船に並走してくれている。
遊ぶように泳ぐイルカを見ていると癒される。あぁ、一緒に泳ぎてぇ~。
※遊泳するのは危険な水域

ミナミバンドウイルカ

イソマグロにザトウクジラにイルカ。ケータすごいよ、ケータ。

そういえば、朝からの興奮の連続で、いつの間にか船酔い気分は吹き飛んでいますね。
帰りは、遊び疲れて寝ていたので船酔いはなかったですよ。



0 件のコメント:

コメントを投稿