2017年8月9日

Divers of the Caribbean



いつかは行ってみたいと思っていたコスメル。
メキシコのプラヤ・デル・カルメンから沖合約20キロに浮かぶ島には、ダイバーから「コスメルブルー」と呼ばれる世界屈指の透明度を誇る海があります。


メキシコ コスメル  天候:晴
地図:コスメル
ポイント
時間
水温
透明度
1
パランカールガーデン
10:09 / 10:55
29℃
25m
2
フランセサ
12:01 / 12:49
29℃
30m

Diving Service イグアナダイバーズ


朝。日本人ガイドさんとフェリー乗り場近くで待ち合わせをして、コスメル島に渡る船に乗り込みます。
およそ45分でコスメル島に到着すると、クルーズ客船や海賊船に扮した観光船などが停泊していて、気分は上々。
クルーズ客船 Norwegian Escape

タクシーでマリーナに移動すると、既にダイビング機材がボートに運び込まれています。
荷物を持ったまま乗船し、ウエットスーツに着替えてから出港です。
マリーナ

船は出港すると、途中リゾートホテル専用の桟橋でお客さんをピックアップしてからポイントに向かいます。プライベートビーチに桟橋、ブルジョワ感がすごいです。私、場違いな気がしてきました。

エメラルドブルーな海

ボートからバックエントリー。
塩分濃度が濃く、いつもより潜行しにくい感じがします。
ダイビングしてすぐに気付くのですが、中層にはあまり魚がいないので、海底ばかりを見ている状態が多いです。透明度抜群な海なんだから視線を上げて中層も楽しんだ方がいいですよね。なにもいないけど。

すべてがコスメルブルー

カリブ海固有種のトードフィッシュをリクエストしていたのですが、砂の海底と岩の間の窪みを覗き込むとアッチにもコッチにもと簡単に見つかってしまいます。
トードフィッシュ



0 件のコメント:

コメントを投稿