2013年7月4日

公表値は本当か


昨年末に購入した水中LEDライト Mod.EL-1000LL A105 (エポックワールド)は、1,000ルーメンで140分の照射時間を謳った製品です。

エポックワールド社製のMod.EL-1000LL A105
Mod.EL-1000LL A105

サブのターゲットライトとして、視界が悪い時には点滅モードをシグナルとして使用しています。


ファンダイビングではEntryからExitまでライトを点けっぱなしという事はあまりないのですが、ナイトダイビングではEntry前・ダイビング中・Exit後に点けたままということが多いです。

先日のナイトダイビングで Mod.EL-1000LL A105 を使用した際、これまで電池切れまで使用したことがなかったので、ほんとうに140分持つのか? どのように消灯するのか? 気になりました。

調べてみました。



測定

ライトは、水中での使用を前提としているので、水に入れた状態でランタイム測定します。
満充電、スイッチはMAX100% 。
比較するために、LE550-W (INON)も使用します。電池はエネループ。


水中での照射時間を計測

点灯直後
左:Mod.EL-1000LL A105  右:LE550-W

点灯後 101分
点灯後 101分

結果

LE550-W は、エネループ電池の残量と共に明るさが弱くなります。
(単三電池の種類を変えると、経過時間毎の明るさや連続照射時間が変化します。)

一方、専用電池を使用している Mod.EL-1000LL A105 は、時間が経過しても明るさをほぼ維持し安定しています(目視)が、照射時間が101分で急に消灯しました。消灯した後は、スイッチを入れ直しても点灯しません。

公表の140分より短い101分。

公表されている値よりも40分ほど短い時間で消灯しました。
140分使えると思っていると、暗い海の中でフッっと切れますよ。
これまで、ダイビングでの使用は10回程度なので、電池の劣化は考えにくいです。

ライトに、電池の残量表示があると便利なんですが、コストに跳ね返ってくるので難しいですよね。

あと、ナイトダイビングで使っている時、ライトのロータリースイッチの目盛が見えないのです。蓄光塗料にして欲しかったです。


※ 現在、エポックワールドのHPでは連続照射時間が140分から105分に変更されています。



2 件のコメント:

  1. 水温によっても時間違いますね。
    某社の古いライトは夏場エネループ使えても冬場は使えなかったり。
    ちなみに、ナイトは暗闇に目を慣らす為ストロボのターゲットライトだけでメインのライトはなるべく使わないようにしてます

    返信削除
    返信
    1. >kimiさん

      たしかに水温に寄って時間も変わりますね。
      でも、冬に使えないライトってのもどうかと思いますがw

      普段ナイトダイビングはあまりしないので、ライトに異常があると軽くパニックになりそうです。

      削除