2013年3月5日

ジョイントチケット


夜行バスでバンコクを出発し、チュンポンに翌早朝着。その後フェリーに乗り換え、午前中にはタオ島に到着。このバンコク → タオ島までの交通がセットになっているのがジョイントチケット。


バンコクからタオ島まで陸路&海路


タイ2日目/バンコク → タオ島



バンコクからタオ島への出発は夜なので、夕方まで自由時間。それまで、バンコクを散策です。

ラムカムヘン駅前の ナサ ベガス ホテル (Nasa Vegas Hotel) を朝9時にチェックアウト。
バンコクでは地下鉄各駅入口やデパートなどでセキュリティーチェックがあるので、フアラムポーン駅で大きな荷物を一時預けにします。

電車旅の玄関口

正面玄関入って左手の荷物預かり所


まずは、フアラムポーン駅前の食堂で朝ごはん。いきなり難易度高いですか?(笑)

食卓からの風景

ライス&レッドポーク

タイ米に甘いタレとパクチーの入ったスープは、僕にはダメでした。


気を取り直して、東南アジア最大級のメガモール サイアム・パラゴンを目指して買い物にGo!
フアラムポーン駅から徒歩で行こうとするも、裏道に入った途端迷子に(笑)
結局、サイアム地区にはタクシーを利用。

サイアム駅からチットロム駅周辺の東急、サイアム・パラゴン、セントラル・ワールド、伊勢丹、プラティナム・ファッションモールをまわり、服・くつ・財布などを物色。

サイアム・パラゴンでイエローライスとチキン、スープ

パクチーが無理なようです。食事でこんなにテンションが下がるのは初めて。


ロナルドが合掌


街を歩いているとバンコクの活気やにおいが感じられ楽しいです。

チットロム周辺

黄/緑のツートンやピンクのタクシーが派手です。
タクシーの中には、エンジン、リアスポイラー、ホイール等をカスタマイズされた車があり、まるでリュック・ベッソンの映画じゃないですか。



夕方、フアラムポーン駅で預けた荷物の受取りをした後は、夜行バス乗車のためカオサンにタクシーで移動。ジョイントチケットは、ロンプラヤ社のwebで事前に予約しています。


カオサンの夜は、多くの外国人がひしめき合いエネルギッシュです。

雰囲気が良かったので入店

身体に涼を

スモークチキンと甘いチリソース

揚げ麺に野菜あんかけ

夜行バスのチェックインは19時30分から。オフィスはここ

予約完了メールをプリントアウトした紙をスタッフに渡すと、バスの乗車位置が決められ、胸に貼るシールとフェリーの乗船券を渡されます。荷物にコタオ行きのピンクのタグシールを貼り、バス乗車位置に移動です。バス乗車位置はここ


バス乗車位置周辺

バスを待つ乗客

21時過ぎに4台のバスが到着。

胸に貼られたシールの色で乗るバスが決まっている

2列×2列のシートは、かなりリクライニングできるのでゆったり寝れます。
車内の空調で空気が乾燥しているので、睡眠時にマスクを用意しておいて正解でした。

21時30分に出発したバスは、途中2時に10分程度のトイレ休憩。

食事やお土産の購入もできる

5時にバスはチュンポンに到着。

フェリー乗船まで2時間ほど待機

フェリーのチェックインは、カオサンで貰った乗船券を見せ、降りる島ごとに異なる色のシールを胸に貼ります。


長い桟橋の先にフェリー

桟橋の入口で乗船券を渡し乗船

大きな荷物は、乱暴に扱われフェリー前部に積み上げられる。カメラなどの精密機器や壊れ物は手元に置いておきたい。

ナンユアン島に寄った後、フェリーは9時過ぎにタオ島に到着。


いよいよタオ島でのダイビングです。



0 件のコメント:

コメントを投稿