2016年5月4日

チェックダイブ

父島に初上陸。
25時間半の乗船の後、陸地を歩いていてもフワフワした感じが残っています。

宿に向かうため、二見港からメインストリートを西に歩きます。
途中、スーパーや飲食店の場所を確認。
ついでに、品川ナンバーも確認し、父島あるあるを体験。

父島のメインストリート
メインストリート

午後からダイビングなので、散策はそこそこに。



小笠原 父島 1日目  天候:曇 気温:26℃
父島列島
ポイント
時間
水温
透明度
1
ひょうたん島
: / :
21℃
2
イエロー
: / :
21℃

Diving Service BONIN WAVE



天気は曇。風は強く、少し肌寒い。
海上は、やや波があるのでテンションがなかなか上がらないです。

チェックダイブということなので、父島近海でゆったりダイビング。


↓ エントリー ↓

うぉ、冷た!水温は21度。
5mmウエット+ベストですが寒いです。11月上旬の柏島並みに寒いです。
南の海なので、もっと海水温が高いと思ったのですが、、、


今回、一眼レフカメラのハウジングを用意していません。
ダイビングは、動画で記録を残しています。





明日は、ケータ(聟島列島)でダイビングだそうです。



夕食は、居酒屋で「海亀の刺身」と「島野菜の天ぷら」をいただきました。
ダイビング中は海亀可愛いx2 言いながら、陸では躊躇なく食べてますw
ちなみに、赤身の刺身は臭みがなく美味しかったです。

小笠原では、古くから海亀が食用にされてきました。島民にとって、海亀は貴重なたんぱく源だったそうです。ちなみに現在は、捕獲頭制限と禁漁期が設けられており、島周辺の海亀は増加傾向にあるそうです。



ダイビングのガイドさんが、夜もガイドをされているということで、ナイトツアーに参加しています。


オガサワラオオコウモリの観察
父島に生息する哺乳類で唯一の固有種ということで一眼レフカメラを用意していたのですが、フラッシュ厳禁とのことで上手く写真が撮れず。


国の天然記念物のオカヤドカリ
コペペ海岸にはアフリカマイマイの殻を纏ったオカヤドカリがいっぱい。
う~ん、違和感があるので、カタツムリでないオカヤドカリを探すことに。

オカヤドカリ
オカヤドカリの1種


最後は、光るキノコ・グリーンペペ。
もっと群生しているのを想像していたのですが、ちょっとショボい感じです。

夜光茸
グリーンペペ



0 件のコメント:

コメントを投稿