2014年8月15日

カオサン


朝4時。雷の音で目が覚める。
激しい雨音に外の様子が気になり、窓から伺うと想定外の光景に吃驚です。
ビックブルーダイビングのオフィス前が、膝上までの水に浸かって大変なことに。

大事に至らなければいいなと思いながら再度就寝。

土砂降りの雨

朝、目が覚めると雨は止んでいて天候が回復してきている。

今日はバンコクに移動する日です。
タオ島からの復路は、フェリーと長距離バスがセットになったジョイントチケットを購入してカオサンに向かいます。


8時00分
荷物をまとめ、港に向かいます。

サイリービーチ
雨の後のサイリービーチ

至る所で雨の影響が残っています。

道路を塞ぐ水たまり

道路に水たまりがあり、道端にはゴミが散乱。
昨日よりも腫れ、創部から膿が滲み出ている左足を水たまりに浸すのは危険です。痛い足を引き摺りながら迂回。

港では、フェリーの乗船を待つ多くの人で混乱状態となっています。しかも、降雨後の高湿度と強い日差しでストレスが溜まります。
桟橋が長いねん。足が痛くて辛い。桟橋に八つ当たりしながら、重たいカメラ機材が無くて良かったと思う。

フェリー乗り場
乗船待ち

10時20分
予定時間を遅れて乗船し、ようやくタオ島を出発。

タイって大きな建物や公共の乗り物は冷房が効き過ぎですが、フェリーも同様なんですね。
シートに身を縮こませながら座り、船内のTVを眺めて時間を過ごします。長袖シャツが欲しいなぁ。


12時50分
チュンポンに到着。

荷物を受け取り、カオサンに向かうバスのチェックインです。
フェリーの半券にバスの座席番号を記入してもらい、乗車時間まで待ちます。アツい。

バス乗車待ち

13時30分
出発。7時間かけてバンコクのカオサンに向かいます。
バスでも冷房効き過ぎ。トランクルームに預けたバックからタオルを出して寒さを凌ぎたい。

移動時間が長いです。車窓から風景を眺めたり、スマートフォンをいじったり、ウォークマンで音楽聴いたりしながら暇を潰します。


20時30分
カオサンに到着。
バスから降車すると多くのタクシードライバーが群がってくる。無視×2。
カオサンってバックパッカーで混沌としているイメージでしたが、観光客が多くてなんか違う。

カオサンロード
カオサン通り

ラムプトリ通りで食事をする予定でしたけど、ホテルでビール飲んで寝ます。おやすみなさい。



0 件のコメント:

コメントを投稿