2013年9月22日

人、人、人・・・


前日、ゆうちょ銀行でダイビング費用をおろそうとしたら、暗証番号の確認前に画面が緑に変わり 『 営業時間内に窓口で確認してください 』 という旨のメッセージが表示される。

 んん? 磁気でカードが使えなくなったのか?

家に戻り通帳を持ってきてもATMは同じメッセージを発する。

 な! なんたることだ!! 連休明けまでお金がおろせないなんて!!!

財布の中には13,000円。ダイビング2本潜れる費用は残っているけど、3本は無理です。



静岡県 大瀬崎  天候:晴 気温:31℃

地図:大瀬崎のダイビングポイント
ポイント
時間
水温
透明度
1
先端
10:09 / 10:45
23℃
1~6m
2
湾内
12:45 / 13:36
23℃
2~5m

Diving Service 海の案内人 ちびすけ


大瀬崎、初めてです。

Twitterを見ていると、関東や中京から大瀬崎に通っているダイバーが多く、何がそんなに魅了しているんだろうと気になっていたスポットです。


----------------------------------------


雲の上にちょこんと頂きが見えるものの全体的に霞んでいる富士山を眺めながら、駿河湾沿いの狭い海岸線を右、左とハンドルを切り、木々に囲まれた小さな駐車場に到着です。

あれ? 想像していた景色との違いに戸惑いを感じづつ、荷物を持って常連客の後に連なります。
どうやら、民宿の裏手だったようです。

はごろも荘の階段
頭上に荷物を運ぶリフト

大瀬崎に通じる階段を降りると、目の前にビーチが広がり多くのダイバーが集っています。

大瀬海水浴場
数百人ものダイバー

これほど多くのダイバーを見るのは初めてです。タンクの数、台車の数、桁違いです。

大瀬海水浴場
雰囲気は他と別格


1本目 先端

入海料の案内
先端はプラス100円

ポイントに移動中、ウエットスーツを着た状態で鳥居をくぐるなんて思いもしませんでした。
さらに進むと、周囲が海なのに神池と呼ばれる淡水池があるんですね。

ビャクシンと大瀬神社
幹や枝が捻れ、奇妙な形のビャクシン

水面に顔をつけると透明度が悪いです。1m先が見えません。
流れもあり、場所によって左へ右へ下へ。接近している台風?の影響でうねりもあります。
カメラを持って入っていますが、撮影していると石にガンガン当てそうなので観察だけに。


2本目 湾内

湾内 水面から
遠浅のビーチ

今回のガイドさんは、ウミウシが超好き! なのでウミウシが好きなダイバーが集まっています。
私は、ウミウシに興味が無いので普段は撮らないのですが、カレー屋に来てカレー食わないわけにはいきません。

ジボガウミウシ

ミジンベニハゼ

ウミテング


透明度が良くないので、全員2本で終了。でも、楽しめたので良かったです。
機材を片付けた後、温泉で身体を温めリラックス♪


帰りは弥次喜多で夕食。 ここも多くの人が集まっています。

弥次喜多 入口



Drive 5:50 → 8:43、16:45 → 20:53 (弥次喜多)

0 件のコメント:

コメントを投稿