2012年11月1日

軽器材のメンテナンス


前回のダイビングで、マウスピースやフィンストラップが破損しているのを発見!

気持よくダイビングするために、軽器材の総点検です。



スクを購入して8年。
度入りレンズが合わなくなってきたのか? ファインダー像が見難くなって来ました。
レンズ面の汚れが原因の可能性もあるので、分解して隅々まで綺麗に。

ついでに、透明色のスカートを黒に交換。 これでカメラのファインダーも見易くなるのかな?
取寄注文4,200円。


マスクストラップは透明色のまま


レンズ面を綺麗にしても、やっぱり度が微妙に合ってない。そろそろレンズの交換をしようかな。
今度、眼鏡を新調するときにマスク用も計測してもらおう。



ノーケル。 破損や亀裂のチェック → 問題なし。



ウスピースは、右のオクルーザルラグ部分が劣化でちぎれているので、新品に交換。


何度もレギュが口から外れる
3代目マウスピース



ィンはストラップのバックルが1箇所破損。

スプリングストラップに変えようかと考えたけど、次は他のメーカーのフィンを購入するのでバックル交換だけで済ませる。




保守って高価なモノほど意識が高いよね。大体こんな感じですか?
  1. カメラのハウジングやストロボ
  2. 重器材
  3. ドライスーツ(ウエットスーツ)
  4. BCD
  5. 軽器材
軽器材は、塩抜きしたらポイッと保管場所に。
たまには、綺麗に掃除しながらメンテナンスしないとね。



0 件のコメント:

コメントを投稿